大阪でのがん検診は、医療法人仁泉会MIクリニックにお任せください
検査を受ける方 医療機関の方
ホーム検査を受ける方医療機関の方クリニックの概要
機器のご紹介
PET-CT  GE社製 Discovery Elite16
PET-CT
PET-CT検査とは「ポジトロン断層撮影法」と呼ばれる画像診断です。癌の形態を診断する従来の検査法とは異なり、癌細胞の代謝・機能を調べる事で早期に癌の発見ができる検査です。
癌細胞は正常細胞の3~8倍ものブドウ糖を摂取する特徴を利用し、ブドウ糖に良く似た薬剤(FDG)を体内に注射し、FDGが癌病巣に多く集積することによって小さな癌も画像として表現する事が出来ます。

また、PET-CT装置の特徴として、マルチスライスCTを兼ね備えていますので詳細なCT画像にFDGの異常集積位置を重ね合わせることが可能となり、より精度の高い診断をお約束します。
もちろん、CT単独の検査も可能です。
乳房専用PET装置(マンモPET)  島津製作所製 Elmammo
全身用のPET-CT装置による検査では画像として表現できない小さな乳がんを発見できる乳房検査専用装置です。
検査時には、寝台上部の検出器ホールにうつ伏せで片側の乳房を入れて撮像するため、乳房を挟む必要がなく、圧迫による痛みを伴わないことが特徴です。

※マンモPETはPET専用機であり、PET-CTのような解剖学的画像を得ることはできません。
 同日に全身用PETと併用して検査を行います。
 
MRI GE社製 Signa HDxt
MRI
MRIとは(Magnetic Resonance Imaging:磁気共鳴画像)の略称です。非常に強い磁石と電波を利用して、人体の様々な断面を撮像することができます。
MIクリニックでは現在1.5テスラの磁場強度を持つMRI装置2台が稼働しており、様々な部位・疾患に対して必要な情報を提供しています。
マンモグラフィ GE社製 Performa
マンモグラフィ
マンモグラフィ検診とは乳房のエックス線撮影をして腫瘍の有無、腫瘍があった場合は大きさや形、早期乳がんのサインである石灰化の有無を調べる検診です。
視触診では分らないごく微小な乳腺組織の変化や早期の乳がんの発見をすることができます。
超音波診断装置 GE社製 LOGIQ7
超音波(エコー)
プローブと呼ばれる超音波を送受信するためのセンサを体の表面に当てます。プローブからは,短いパルス状の超音波が送信され,これが臓器などから反射されて帰ってくるまでの時間(距離に比例)やその大きさをセンサで検出することで,体内の構造を明らかにすることができます。
検出された超音波信号はデジタル化され,種々の信号・画像処理がなされて,最終的に画像が作成されます。


超音波診断装置 GE社製 LOGIQ S8
超音波(エコー)
心エコーでは心臓の形態や働きを見たり心臓の中の血液の流れを映し出し弁の状態や逆流を調べます。
心臓は常に拍動していますが、その動いている状態をそのまま観察でき痛みも伴わない有用な検査です。


*下図は、心エコー長軸カラーの動画となります。
 
このページのトップ▲

医療法人仁泉会 エムアイクリニック
診療のご案内
月~土 9:00~17:00
休診 日曜・祝日
所在地
〒560-0004 
大阪府豊中市少路1丁目12-13 
モノレール少路駅下車
千里中央方面に徒歩約2分
お問い合わせ
>>資料請求・お問い合わせ
>>アクセス
>>個人情報保護方針
仁泉会グループ
サイトマップ
ホーム 検査を受ける方 医療機関の方 クリニックの概要
機器の紹介 PET-CT検査 予約の流れ 理事長ご挨拶
ドクター大ちゃんの「がん早期発見」ブログ MRI検査 保険診療に関する新着情報 理念
仁泉会グループ CT検査 PET-CT保険適用条件 沿革
アクセス 乳腺検査 ドクター紹介
フォームからのお問い合わせ・資料請求 疲労検査 施設のご案内
個人情報保護方針 マンモPET検査
 医療法人仁泉会 エムアイクリニック 〒560-0004 大阪府豊中市少路1丁目12-13 モノレール少路駅下車(千里中央方面に約2分)
TEL:06-6840-0100(代) FAX:06-6840-0808
Copyright©2005 MI-CLINIC All Right Reserved