マンモグラフィ検査

マンモグラフィとは、乳房のX線撮影のことです。乳癌の早期発見に欠かすことのできない最も有効な画像診断の1つで、左右それぞれの乳房に対し透明のプラスチックの板に挟んで、上下や斜め方向から撮影します。

マンモグラフィ検査の特徴

  • ・触ってもわからない小さながんを発見できることが特徴。
  • ・若い女性に多いと言われている高濃度乳腺では、乳がんを見つけることが難しい場合がある。
マンモグラフィ

MIクリニックは、マンモグラフィ施設認定を取得しています

施設認定とは、マンモグラフィ検診精度管理中央委員が審査を行い、高精度の検診を提供できると認められた施設にのみ与えられるものです。

具体的には、定められた仕様の撮影装置を使用し、日常の精度管理や被ばく量、その運用が正しく行われているかどうかを厳しく審査されます。

また、きちんとした手技で撮影されたものであるかどうか撮影技術や画質も併せて審査されます。

これまでも認定技師が撮影し、認定医師がその画像診断を行っていましたが、今回の施設認定により、さらに安全で質の高い検査と画像診断を受診者さまに提供できる環境が整ったと考えています。

これからもこの現状に満足せず、今後とも良質な医療を提供できるよう、さらなる努力をしてまいります。

マンモグラフィ検診施設画像認定証

3Dマンモグラフィ(トモシンセシス)について

当院では、従来のマンモグラフィとは異なる3Dマンモグラフィを導入いたしました。

従来のマンモグラフィと3Dマンモグラフィの違い

3Dマンモグラフィ(トモシンセシス)

従来のマンモグラフィはX線を1方向から当て、乳房を平面的に画像化しています。
乳房のすべての情報を1枚の画像に映し出すため、”乳腺濃度の高い”(高濃度・不均一高濃度乳腺)の乳房であったり、乳腺に隠れて見えない病変の指摘が困難でした。
しかし、3Dマンモグラフィでは、X線を多方向から当てることで、CT画像のように1ミリ毎のスライス画像で乳房内の確認ができます。

従来のマンモグラフィと3Dマンモグラフィの違い

これにより、従来のマンモグラフィでは発見しずらかった病変を、より正確に描出し、指摘できるようになりました。

3Dマンモグラフィの撮影について

  • ・従来のマンモグラフィと同じように乳房を圧迫して行います。
  • ・1回の圧迫で2D・3D撮影を続けて行います。
  • ・従来のマンモグラフィに比べ、3D撮影の分、検査時間が長くなります。
     (3D撮影(約9秒) + 2D撮影(約3秒) = 約12秒/回)
  • ・3D撮影中はマンモグラフィ装置が乳房を中心に円を描くように動きます。
  • ・人工知能(AI)技術により、高画質、低被ばくが実現しました。

とっても痛いのは一瞬だけ

なごむね

圧迫自動減圧制御(Comfort Comp)機能の”なごむね”は、最大圧迫圧の時間を短縮することで、受診者の感じる痛みを軽減することができる機能です。”なごむね”の使用・未使用による画質の変化はございません。少しでも負担を減らし、診断しやすい画像を提供いたします。

圧迫の必要性

乳房を圧迫することによって、乳腺と脂肪の重なりを分けることができ、コントラストのよい高分解能な写真が得られ、体動によるボケも少なくなります。また、被ばく線量も低減することができます。
一定以上の圧力がかからないような設定になっておりますので、ご安心下さい。

注意事項

  • ・X線撮影のため、妊娠もしくは妊娠されている可能性がある方は検査できません。
  • ・豊胸術をされている方は、検査を行えない場合がありますので、事前にお申し出ください。
  • ・制汗剤(パウダースプレーなど)は目に見えなくても写真にうつりますので、使用をお控えください。

マンモグラフィ画像の特徴

石灰化

石灰化とはカルシウムの沈着のことを意味します。石灰化は乳腺症や線維腺腫などの良性疾患でも認められますが、一部の石灰化は乳がんによるものです。このため石灰化の形状や分布などから乳がんの疑われる石灰化は精密検査の対象となります。

よく見る良性石灰化


  • 粗大でポップコーンのように見える
    粗大でポップコーンのように見える
  • 中心が透けて見える
    中心が透けて見える
  • のう胞の底に沈殿したカルシウム
    のう胞の底に沈殿したカルシウム

良悪性の鑑別が必要な石灰化


  • 淡く不明瞭な石灰化
    淡く不明瞭な石灰化

腫瘤

腫瘤とは、乳房内に限局してできた“かたまり”のようなもので、皮膚の上から触っただけではわからない場合でも、マンモグラフィでははっきりと写し出される場合があります。形状・濃度・辺縁などから、ガイドラインに沿って良性悪性の判定をします。

良性と思われる腫瘤

  • 良性と思われる腫瘤
    境界が明瞭で辺縁が滑らかな
    良性腫瘤

悪性の可能性が極めて高い腫瘤

  • 悪性の可能性が極めて高い腫瘤
    境中心から周りに線を引いたような毛羽たちがある