PET-CT検査

- 陽電子放出断層撮影 -

腫瘍組織は一般的に増殖、代謝を盛んに行っており、そのために多くのブドウ糖を取り込む性質があります。
放射性のフッ素で標識したFDG(ブドウ糖類似物質)を注射すると、腫瘍部位に取り込まれるので腫瘍の有無、広がり、転移巣の検索に非常に有用です。
CTとの併用によりPET画像とCT画像を重ね合わせて診断をしますので、精度良く調べることが可能です。

PET-CT検査の特徴

  • ・がんの早期発見
  • ・安全で痛みもない
  • ・がんの進行度の診断ができる
  • ・一度に全身の検査が可能
  • ・短時間で検査ができる
  • ・副作用の心配がない

注意事項

  • ・受付時刻の4時間前までに食事を済ませ、絶食のままご来院下さい。
    ※絶食中は、水やお茶を飲んでも構いません。ただし、糖分の入ったジュースやコーヒー、スポーツ飲料は絶対に飲まないで下さい。アメ玉やガムなどもお控えください。
  • ・糖尿病の方の場合には、精度の高い検査をお受けになるために、血糖値を十分にコントロールしてお越しいただくことをお勧めいたします。
  • ・検査日の変更やキャンセルの場合は前日までにご連絡下さい。やむを得ない事情がある場合を除き、キャンセル料をいただく場合があります。

検査の流れ

  • STEP
    1

    検査予約の受付、問診票をご記入いただき、当日のスケジュールを説明します。
    カードをお渡ししますので、首にお掛け下さい。

  • STEP
    2

    問診票をもとに検査説明や、身長・体重測定を行います。

  • STEP
    3

    更衣室で検査着に着替えていただきます。
    お荷物はロッカーに入れて下さい。

  • STEP
    4

    撮影前の排尿を促すために、お水を飲んでいただきます。

  • STEP
    5

    血糖値測定後、PET検査に必要な検査薬剤であるFDG(ブドウ糖類似物質)を静脈注射します。

  • STEP
    6

    薬剤が体内に広がるまで、1時間程度安静にしていただきます。

  • STEP
    7

    撮影前に排尿をしていただきます。
    尿路系、膀胱などに溜まった薬剤を尿で排泄するためです。

  • STEP
    8

    検査台の上に横になり、撮影を行います。
    撮影中は動かないようご協力ください。

  • STEP
    9

    撮影画像の確認を行います。
    場合によっては、追加撮影を行います。

  • STEP
    10

    更衣室で、着替えていただきます。お荷物をお忘れなく。

  • STEP
    11

    カードのご返却お願いします。

  • STEP
    12

    終了です。

PET-CT画像

肺がん

食道がん